3 Ways to
Tie Scarves

 

男性の着こなし、まずはどこに視線が集まるでしょうか。それは間違いなくVゾーン。この印象が、その人の印象を決めるといっても過言ではありません。だからこそ、コートの季節も抜かりなく。スポーティなイタリアンモード「BUGATTI」のマフラーで、3つの巻き方を提案します。

 

image2本格的な冬の前に使い勝手のいいヘビーデューティなジャケットのコーディネートには、胸の前で軽くひと結びする巻き方で。首元から顔回りにかけて軽く立たせるようにするのがベストです。V字がキープできるから、ビジネスシーンのタイドアップスタイルにもおすすめ。


image3image4マチュアな大人の色気が漂うガウンタイプのコートには、その流れ落ちるようなラインに合わせて、さらりと首からかけて。襟にボリュームがあるので外に出さず内側に入れ、首に沿わせるとすっきりとした印象に。


image1
最後は休日スタイル。カジュアルなカウチンセーターの首元にぐるぐるっと巻きつけ、ボリュームのある巻き方で。表裏色が違うダブルフェイスなら、ラフにあしらうことで、2色がランダムに出てアクセントになります。

 

POLO / BUGATTI

 


Italian Classico
Mind

image7
2015年に広尾にオープンした「Zio Bernardo」は、大人の色気やこなれ感のあるスタイルを演出するメンズセレクトストア。今回のおすすめは、ウールタイ。ストール同様。秋冬のおしゃれの粋な脇役に。

 

ZIO BERNARDO ACCESSORIES

 


Tough Cases

image6世界中のビジネスマンをはじめ、アウトドア愛好家、冒険家たちに人気の「SWISS WIN」。優れたデザインはもちろん、エルゴノミクスに基づいたクッション性や多機能ポケット。大人の着こなしを損わない秀逸さです。

 

SWISS WIN