Menu Close

INTERVIEW

9286

「12色だった絵の具が120色になる」紀里谷監督が初のハリウッドで感じた魅力とは

若くして渡米し、写真家として大成功。そして、2004年には『CASSHERN』で映画監督として鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明。続く2009年発表の『GOEMON』以来、約6年ぶりとなる彼の新作『ラスト・ナイツ』が11月14日(土)より公開される。過去に度々チャンスがありながら、様々な理由で不運にも実現しなかったハリウッド進出。それがいよいよ実を結んだ今作には、モーガン・フリーマンやクライヴ・オーウェンをはじめ世界各国から様々なキャストが出演。そして、映像もこれまでのCGを駆使した作品とは違ったテイストに。新たに生まれ変わった紀里谷作品、そこには彼自身の変化と、変わらぬ思いが盛り込まれ、壮大かつ重厚な仕上がりとなっている。そんな今作に関して、そして彼の人生観について話を聞いてみた。

3609

園子温監督が突然カラフルファッションに!“日本は色がない”と感じる理由とは

原作は和久井健の人気マンガで、2007年にはテレビドラマ化もされた「新宿スワン」。今年5月に公開となったその映画版は、奇才:園子温監督のもと、今をときめく綾野剛をはじめ山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介らが出演し見事に大ヒット。そんな本作が、このたびDVD&Blu-ray化するにあたり園監督にインタビューを敢行。本作のことはもちろん、美術家、作家、その他様々な分野でも活躍する彼なりのものづくり論、さらには最近訪れたロスでの出会いやそれにまつわる心境の変化まで、園監督の今を聞いた。

5370

「俳優業では伝えられないことを絵画に…」田辺(誠一)画伯の俳優・美術論

俳優・田辺誠一は、ドラマや映画、舞台ではもちろんのこと、最近ではTwitterなどで公開している個性的なイラストが人気を博し、「画伯」とも呼ばれている。その「画伯」が、9月19日(土)より東京都美術館にて開催する「モネ展~『印象、日の出』から『睡蓮』まで~」のオフィシャルサポーターに就任。音声ガイドや宣伝に加え、本展のためにオフィシャルキャラクター「かっこいいモネ。」を描き下ろした。ミレポルテ・ジャーナルでは、田辺にモネへの思いや、絵を描くことの素晴らしさについて話を聞いた。

IMG_8190

名優・藤竜也が語る北野武監督の魅力“北野さんには独特な……”

今年の春に公開された映画「龍三と七人の子分たち」。監督は世界の北野武。キャストは主演の藤竜也をはじめ近藤正臣、中尾彬、萬田久子ら錚々たる顔ぶれが集い、これまでの北野作品とは違った異色のコメディ作品として大ヒットした今作がいよいよBlu-ray&DVDとなって10月9日に発売!藤竜也演じる主人公、元ヤクザの龍三がオレオレ詐欺にひっかかったことから、昔の仲間(七人の子分)とともに悪者を成敗するという、ある種シンプルな物語の中に随所に 盛り込まれた北野武ならではのブラックさ。シニカルかつニヒリズム的な側面がありながらも、とにかく大爆笑必至の今作について今回は藤竜也に直撃。映画の見所とともに、北野監督についてもたっぷりと話を聞いてみた。名優・藤竜也が見た映画人、北野武の魅力とは。

DSC_0027

森川葵 中川大志 movie「通学シリーズ 通学途中」   母娘で楽しむキュンポイントとは

娘のキモチがわからない。いつも、何を考えているの?そんな女子中高生を持つママたちに、見てもらいたいのが女子中高生に絶大な人気を博す、「E★エブリスタ」で話題となったスマホ小説『通学シリーズ』。

31

原田知世が語る禁断の恋「人の心は縛れない」 ドラマ「三つの月」インタビュー

“もう私は、恋なんてしないと思っていた”美しい岐阜県・白川郷を舞台に、妻であり、母であり、嫁である女性が退屈な毎日のなか、東京からやってきたひとりの男性に恋をする。10月3日(土)放送のスペシャルドラマ「三つの月」では、“ラブストーリーの神さま”と呼ばれる北川悦吏子氏を脚本に迎え、アラフォー女性を主人公にした秘密の恋を丁寧に描く。結婚してからもなぜ女性は恋をするのか?。ミレポルテ・ジャーナルは、主演の原田知世に、役を通して感じ得たその心理をたずねた。

土屋1retouched

土屋アンナ「細いから美しいは違う」これからの女性の在り方を語る

9月26日(土)より公開中の映画『GONIN サーガ』。その中で、土屋アンナは東出昌大、桐谷健太、柄本佑、安藤政信、竹中直人、さらには根津甚八などの出演者たちに混じり、バイオレンスな「男の世界」に身を投じるヒロインを見事に演じきっている。その姿は、今作で監督をつとめる石井隆氏が想像していた女性像そのままだったとか。そんな彼女に今作について話を聞いてみると、「細いから美しいはちょっと違う」と、これからの女性の在り方についても話してくれた。

恵美_高橋メアリージュン1

高橋メアリージュンの恋愛観とは? 映画「ヒロイン失格」で空気が読めない女を好演

私が好きな人、私を好きな人。あなたはどっちを選ぶ?9月19日(土)より公開の映画「ヒロイン失格」は、「別冊マーガレット」にて連載されたコミックを原作とする、恋愛における究極の選択をテーマにしている。今作で主演の桐谷美玲が揺れ動くきっかけを与える“悪女”を演じるのは高橋メアリージュンだ。モデルとしてはもちろん、近年では朝のNHK連続テレビ小説「純と愛」にはじまり映画「るろうに剣心」への出演など、女優としても目覚ましい活躍を見せる彼女のライフスタイルにミレポルテ・ジャーナルが迫った。