9月26日(土)より公開中の映画『GONIN サーガ』。その中で、土屋アンナは東出昌大、桐谷健太、柄本佑、安藤政信、竹中直人、さらには根津甚八などの出演者たちに混じり、バイオレンスな「男の世界」に身を投じるヒロインを見事に演じきっている。その姿は、今作で監督をつとめる石井隆氏が想像していた女性像そのままだったとか。そんな彼女に今作について話を聞いてみると、「細いから美しいはちょっと違う」と、これからの女性の在り方についても話してくれた。

――それにしても、ずいぶんと日焼けしてらっしゃいますね。

「バラエティ番組で無人島サバイバルに挑戦してきたばかりで……無人島焼けです。シミが半端じゃないですけど(笑)」

――「無人島焼け」とは新しいカテゴリーですね(笑)。シミ対策はしないんですか?

「しませんね(笑)。逆に松崎しげるさんを目指すぐらい黒くなるか、あるいはもう少し(シミが)大きくなってから取るか」

土屋3retouched

――相変わらずの豪快っぷりですね。まず、今回出演している映画『GONIN サーガ』ですが、キャストが決まったときの気持ちは?

「この映画は、1995年公開の映画『GONIN』の正統続編ですが、私(『GONIN』を)観ていなかったんですよ。お話をいただいて観たとき、スタートの場面が印象的でした。カット割りなしで暗いシーンを延々と撮るという。甘ったるさのないところが」

――今回の役『麻美』を演じてみて、自分と違うと感じた部分は?

「『麻美』は無意識でも女性らしさをきちんと持っている人で。彼女が激しく感情を表に出すときも、どこか弱い部分を持っていたりするタイプだと思うんですよ。私はか弱い部分がないんですね、これが(笑)。『麻美』は、ずっと秘めているものがあって、人には見せず強がっているんです。その表現の仕方が混乱しながら生きている娘だなと思います」

――登場シーンでは「何てとんでもない女なんだ!」と錯覚してしまいますけどね。

「あのシーンでも彼女は本気でそんなことをしたいワケじゃなく、追い詰められた結果行動している。『それが私ですけど、何か?』って強がる娘だったので。何かに怯えながらも立ち向かう感じはありますね」

――石井隆監督の演技指導はいかがでした?

「お会いする前は『怖い人なのかな』って思っていたのですが、実際に会ってみると真逆でしたね。演技指導もほとんどなくて、私が『この役はこんな感じでしょうか?』ってたずねると、監督は『何も考えなくていい』って。私ってこの役はこうだ!って決めちゃうと頭でっかちになって動けなくなるんですよ。だから今回はとてもすんなりと自然な演技ができました」

――今作で、演技をしていてどう思われました?

「監督、お尻ばっかり撮ってるなって(笑)。ずっと言っていたんですよ。『アンナのお尻撮れ』って(笑)。私があの映画で数少ない女性だったからより強調する必要があったんだと思いますけど。女性って、スタイルやメイクで着込んでいるじゃないですか? そこを撮りたかったんじゃないかなって。弱いくせにお尻出してるとか、化粧が濃いとか。監督は、その不思議感やギャップが面白いと言っていましたね。でも、撮影はもう少しやせてるときがよかったんですよね(笑)」

――え!? 十分やせているように見えましたが……

「運動が甘かった気がするんですよね。今だったらいいのに(笑)」

――でも躍動的でエロティックでもあり……

「エロくないですよ!(笑)。男性たちはなんじゃその筋肉!って言います。実はですね、これまでのモデルの概念を変えたいなと思ってて。以前は私も細かったんですけど、今の時代って健康的で食べたいものを食べてって考え方が健全だと感じていて、自分もそうで在りたいし、細いから美しいはちょっと違うのかなって」

――自然体ですね。

「それに男の人と腕相撲して、勝って『よっしゃ!』なんて言っているのも面白いかなって」

土屋2retouched

――食事面では気を使われていますか?

「どちらかというとストイックな方なので、今目指している運動の終着点を食事で補うのは多少あるんですけど、でも生クリームは好きだし、お酒も好きだし(笑)。まあ、食べたら動こうって」

――トレーニングはどれくらいのペースで行っているのですか?                                   

「ほぼ毎日ですね。クラシックバレエやヨガもしているのですが、例えば内臀筋を鍛えるのは歌うためとか、モデルの姿勢のための筋肉だとか、必ず『何か』のために鍛えています」

――土屋さんは、とにかく明るくサービス精神も旺盛なイメージがします。

「私、自分が馬鹿なヤツだなって思われても全然いいんですよ。それよりはみんなが笑っていたり楽しんでくれた方がいい。いつだってそうなんです。だって、“毎日が楽しい方がハッピーでしょ?”ってシンプルな感じで。ただ、調子にのりすぎて、いまだに母親やおばあちゃんに叱られることもありますけど(笑)」

Hair making:“baku”(Les Doigts)

Stylist:YAMATO(Rising Sun)

PROFILE

土屋アンナ

1984311日生まれ。東京都出身。98年にモデルデビュー。雑誌「セブンティーン」の専属モデルを経て、数多くの雑誌や広告、TV-CMなどで活躍。同時に女優としても04年に「下妻物語」(中島哲也監督)、「茶の味」(石井克人監督)に出演し、アカデミー賞新人俳優賞ほか、その年の新人賞の多くを受賞する。07年には「さくらん」(蜷川実花監督)での主演をはじめ数々の作品に出演。主な出演映画作品に「嫌われ松子の一生」(06/中島哲也監督)、「どろろ」(07/塩田明彦監督)、「ヘブンズ・ドア」(09/マイケル・アリアス監督)など、ほか多数。またミュージシャンとしても数多くの楽曲をリリースし、マルチな才能で活躍を続ける。

GONIN サーガ』

http://gonin-saga.jp

926日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

出演:東出昌大 桐谷健太 土屋アンナ 柄本佑 安藤政信 竹中直人ほか

監督/脚本:石井隆

製作:KADOKAWA ポニーキャニオン 電通 ファムファタル ソニーPCL

制作プロダクション:ファムファタル

配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

c2015GONIN サーガ製作委員会