image1

 

毎日の生活の中で、大切なエッセンスにしていきたいのが、五感で感じる空間の香りとその佇まい。お客様のおもてなしに、家族の身支度シーンにフレグランスを添えて。

 

image2

 

image3

 

スタイリッシュを超えた上質空間のホテルが続々と登場している。その背景にあるのは、その空間で過ごすことそのものを豊かにすること。デザインや色の効果の他に、香りの演出は欠かせない。朝の身支度のシーンでは、気分を爽快に。寝る前の時間ならば、くつろげる香りに包まれたい。

 

image4

 

image5

 

ジル・ドゥヴァヴラン氏は、香り大国フランスの中でも名を馳せるフレグランスアーティスト。品質に対して一切の妥協を許さないと言われるこだわりの持ち主だ。東洋のお茶や花にインスピレーションを受け、優れた職人とともに新たな香りを創り出す。「GILLES DEWAVRIN」は、ヨーロッパの有名ブランドやホテルからも注目を浴び、数々のオリジナルキャンドルを手掛ける。

 

image6

 

image7

 

キャンドルとフレグランス。その香りの魅力はもちろんのこと、デザインにもこだわるのが「GILLES DEWAVRIN」。材料そのものが持つアースカラーをベースとして、華美にならないデザインに仕上げているため、どんな空間でもその存在が調和する。足を踏み入れた瞬間、思わずその香りに浸ってしまいたくなる心地よさを感じる。

 

image8

 

image9

 

来客の時には香りに気を使うのに、家族が心地よく過ごすスペースのフレグランスは忘れがちになることもしばしば。大切な人と語らう時間を濃密にする、活発に動きたい朝の時間を元気にする。香りのプロデュースは、よりより毎日を運んでくれる。

 

image10

 

 

image11

 

のんびりとベッドで読書を楽しむ週末も、朝日をあびて1日を始めようと伸びをする瞬間も、清々しい窓を開け放ってお布団を干す時間も。「昭和西川」から生まれる豊かな毎日。

 

image12

 

 

image13

 

機能とセンス両方のエッセンスで日用品を選びたい。そんなこだわり派たちへ。 すべらないハンガーの「Mawa」、便利な収納ボックス「Compactor」で、ヨーロッパの美学を日常に。

 

image14